« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月 7日 (木)

比叡山-琵琶湖ツーリング その2

4月29日に行ってきたツーリングの続きをどぞ

比叡山-琵琶湖ツーリング その1 つづき
 

御香宮神社についた俺らは早速水汲みに境内へ.

010

本殿のすぐ脇に御香水があってちょっとした人だかりができてました.

012 

みなさん2ℓペットボトルを何本も持って汲んでおられました.

俺らも早速順番並んだんですが,俺らはお茶沸かす分しか組まないんで,ご好意で先に汲ませていただきました♪(o ̄∇ ̄)/サンクス

014

500mlペットボトル×2本分汲みました.

これで宇治茶と御香水がそろいました( ̄ー ̄)ニヤリ

後は景色良いとこでお茶するだけです.

 

御香宮神社を後にしてR24を京都市街へε=ε=ε=(o゚ー゚)o

途中適当にラーメン屋に入って昼食をとりました.

016

交通量の激しい京都市街を抜けて府道30へ入り比叡山ドライブウェイ

017

琵琶湖を見下ろしつつ比叡山を爆走しました.

天気はよかったんですが,ちょい霞んでたんが残念でした.

その後,延暦寺をいろいろ散策しました(゚ー゚)

写真を適当にupします.

まず延暦寺の大講堂.

019

軒下の飾りの象が気持ち悪いですΣ(゚д゚;)

021

次は有名な根元中堂

023
 
 
022 024

この中には最澄の時代からずっと燃えている“不滅の法灯”ってやつがあったんですが,残念ながら中は撮影禁止なんで撮ってません.

あとは似た感じの建物ばっかなんでとりあえずupしときます.

030 031

実際訪れてみるとありがたみを感じることはできますが,俺的には伊勢神宮には勝てないなと思いました.

あくまでシロウト意見ですけどね.

 

延暦寺を散策した後は琵琶湖岸へ向かいました.

このまま奥比叡ドライブウェイを抜けれればよかったんですが,祝日は2輪通行不可なんで比叡山ドライブウェイを戻って琵琶湖岸へε=ε=ε=(o゚ー゚)o

R161を北上して道の駅びわ湖大橋米プラザでちょい休憩.

その後は琵琶湖大橋を渡って県道559を南下.

県道559沿いの琵琶湖岸でお茶することにしました.

042_2

とりあえず今回得たものは宇治茶と御香水とお茶請けとして道の駅で買った生八橋.

039

さっそく持ってきたバーナー使ってお湯沸かしてお茶にしました.

良いお茶と良い水,そしてお茶請けまでそろって最高でした.

やっぱり日本人は日本茶が一番ですね( ̄▽ ̄)

相方もご満悦のようでした.

047

琵琶湖に沈む夕日を眺めながらゆったりした時間をすごしました.

049

おしまい.

走行距離:190.2㎞

にほんブログ村 バイクブログへ ←クリックお願いします(゚∇^*)

| | コメント (0)

2009年5月 2日 (土)

比叡山-琵琶湖ツーリング その1

どうも&です.

2009年4月29日,相方と久々にツーリングに行ってきましたんで,そのレポートを綴りたいと思います.

今回はとりあえず琵琶湖方面に行こうかということでツーリングルートをいろいろ考えてたんですが,前々からやりたかった湧き水でコーヒーとか入れてまったりするっていうのをやってみようかと思いました.

んで,幸運なことに行く方面にお茶で有名な宇治と,京都の伏見に名水100選の御香水っていう湧き水があるんで,これを組み合わせるしかないやろ( ̄ー+ ̄)っと思いました.

というわけで今回のテーマは“比叡山”と“湧き水でお茶”です.

 

朝8時自宅を出発.

R171をひたすら京都方面へ向かいますε=ε=ε=(o゚ー゚)o

大山崎でR478に入ってとりあえず宇治の平等院へ.

003

これがかの有名な10円玉の表に描かれている平等院鳳凰堂です.

他の角度からもどぞ.

002 004

屋根にはちゃんと鳳凰像が2体ついてますね(゚ー゚)

あと写真に人は写ってませんが,朝っぱらから観光客がいっぱいでした┐(´д`)┌ヤレヤレ

鳳凰堂見た後は宇治川を辺りを少し散策.

006

天気が良かったんで気持ちよかったです.

宇治川沿いに鵜が飼われてたりしました.

007 008

平等院観光をそこそこに,目的の宇治茶を購入しにお土産屋へ.

宇治茶の値段もピンキリだったんですが,とりあえず試飲させてもらっておいしかったやつを買いました.

040

 

平等院を離れた後はR24を北上し京都市街へ向かいます.

んで御香水が湧き出ている御香宮へ寄り道.

015

とりあえず今日はここまで.

続きは次回

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ←クリックお願いします♪(o ̄∇ ̄)/

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »