« ご当地キティ -その他- | トップページ | 鉄道の旅へ »

2008年3月16日 (日)

時間旅行者?

まだまだケガが治らないので自主謹慎中です。

というわけでこの3月はツーリングに行く予定はありませんので当然ネタがありません。

 

ネタがなければ作るまで。

皆さんは2036年からのタイムトラベラー出現!!って知ってますか?

なんか2000年にジョン・タイターと名乗る未来から来たとか言う人がネット上に現れたらしいです。

んでなんか自分が乗ってきたタイムマシンの一部を公開したり、未来予言したりとか世間をにぎわせたらしいです。

まあネタとしてはチョイ古いですが。

 

んで、ですね。

その未来予言がいくつかあたったらしいです。

あたった予言はこんな感じ。

  • イラクが核兵器を隠しているという理由で第2次湾岸戦争が起きる。
  • アメリカ国内にも狂牛病が発生する。
  • 中国人が宇宙に進出する。
  • 新しいローマ法王が誕生する。
  • アメリカの内政悪化(イラク戦争やハリケーン被災者救援対策の遅れから、アメリカ内政悪化)
  • 俺的な意見を言わせてもらうと専門化とかならそれなりに予想できそうじゃないですか?

    中国人が宇宙に進出するとか技術が上がったら宇宙に行きたいでしょ、中国人でも。

    新しいローマ法王が誕生するって前のローマ法王って相当高齢やったわけで俺でも予測できるしね。

     

    んで今後の予言はこんな感じ↓

  • 2006年 アメリカ国内で暴動勃発
  • 2007年 中華人民共和国 内陸部で暴動勃発。軍が治安出動。(この治安出動をきっかけに中国軍の暴走が始まる。)
  • 2008年 平成関東大震災(世界恐慌のはじまり)/アメリカ全土内戦状態/北京オリンピック中止(内陸部暴動と中国軍の暴走が理由)
  • 2009年 中国の台湾・北朝鮮・韓国・日本侵攻/アメリカ合衆国 初の女性大統領(ライス)
  • 2010年 中国の台湾・北朝鮮・韓国・日本併合化
  • 2011年 アメリカ合衆国政府解体
  • 2012年 アメリカ連邦帝国樹立/「ネメシス」星が太陽系を通過(超巨大地震の発生)/暗黒の3日間(太陽光線が3日間遮断)/世界の人口が現在半分になる。/人類覚醒(ニュータイプ)の時。
  • 2015年 第三次世界大戦勃発(ロシアがアメリカ連邦帝国・ヨーロッパ連合・中国に対して核戦争を仕掛ける。)
  • 2017年 30億人の死者を出した末に、ロシアの勝利に終わる。
  • 2020年 ロシアの援助により新合衆国政府が打ち立てられる。(この新アメリカ合衆国は小さなコミュニティの連合からなる社会主義国となる。)/地球上の国の殆どが、社会主義国家になる。
  • 2034年 タイムマシンが実用化する。
  • 2040年 オリンピックの復活
  • すでに06,07年の予想外れてますから\(゚ロ゚ )ナンデヤネン!

    しかしこれがあたるなら今年は関東で大地震発生ですよ~Σ(゚д゚;)

    関東の人気をつけてください。

    ちなみに俺は大阪人なので。

     

    まあ将来機械屋の俺としては気になるのは2034年のタイムマシン実用化ですね。

    このおっさんが乗ってきたタイムマシンの原理っていうのが重力の強さを自在に変化させることにより達成されるらしいです。

    そもそも重力を変えて人間はそれに耐えれるんやろうか?

    俺無理だと思うんですけど。

    タイムトラベルについては本とか読んだこともありますけど、一大学生として一番分かりやすかったのがアインシュタインの相対性理論ですね。

    光速に達すると時間の経過が遅くなるとか言うやつです。

    つまり光速に達するとその人間は未来にいける映画の猿の惑星とかにあったやつですね。

    そもそも時間軸は進む方向にしか進んでないわけであって相対性理論ならこれに適応できるんじゃないかと。

    でも光速に達するとものすごいエネルギーがかかるらしいんで人間には耐えられないらしいですけどね。

     

    他にもものごっついでかくて太陽と同じ質量の円筒を作ったらタイムとラベル可能とか、なんかいろいろやり方があるらしいですが、どれも予測の域を出てないわけで。

    まあ唯の凡人の大学生にはよく分からん論議であります。

    まあ今日はこんな感じで。

    ブログランキング・にほんブログ村へ←クリックお願いしますヽ(*゚O゚)ノ

    |

    « ご当地キティ -その他- | トップページ | 鉄道の旅へ »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    « ご当地キティ -その他- | トップページ | 鉄道の旅へ »